保育士で求められる資質とは

保育士で求められる資質とは

保育士は生まれてから18歳の未成年を擁護しながら、大人に向けた自立の為の社会性を身に付ける教育を行う責務があります。自宅で行っている育児に関して、保育園などの施設で行う事が特徴で、大人に必要な感情的な部分を育成する義務があります。
乳幼児は大人に比較して免疫に関する能力が低いので、感染症の病気を蔓延させないように保健の衛生に気を配る事も仕事としての責務です。幼稚園や施設などの園内を駆け巡る子供の見方に注意して、優雅に遊べるように周囲を見回しながら安全に対する気配りを徹底する事も仕事の1つです。
幼稚園や養護施設では、朝から夕方まで開業している事が基本でしたが、近年は夜勤や当直などの形態で勤務を求められる場合があります。立ちながら子供の生活を支援する事が中心の業務である事を考えて、立ち作業に耐えれる体力が求められます。
幼児や乳児の世話をする場合、保育士は親の立場に立って世話をする事が重要で、子供に寄り添いながら親の価値観として認められる業務を行う事が大切です。養護施設では子供のお世話をするだけではなくて、子供の為に健康的な料理を作ったり、買い物に行ったり、洗濯などの家事の作業を行う事で多岐に渡る仕事に耐えられる力が求められます。

関連ページ

保育士の稼ぎは副業レベル・・・
保育士って国家資格を要する職業な割に稼ぎがかなり低いですよね。本業として生計を立てるには厳しいと感じる保育士は多いと思います。副業として考えると、保育士のパートやアルバイトなら時給1000円…
保育士として働く私の不満・辛さ
私は現在、保育士として働いています。フルタイム・正社員での勤務のため、仕事と家事の両立に大変さを感じながら、何とかやっています。保育士として働いていて、辛いなぁと感じることは、持ち帰りの仕…