30代以上で保育士資格を取得した場合の働き口

30代以上で保育士資格を取得した場合の働き口

保育士の資格取得に年齢制限はありません。
ですがら、30代や40代になってから保育士の資格を取得する事も可能です。

 

しかし、資格を取得しても保育士としての働き口がなければ意味がありません。
保育園で働いている保育士の年齢層は、やはり20代の方が多くなっています。
その一番の理由は、独身である事が大きくなります。
保育士はとにかく自分の都合で休めない職業です。
人数に余裕のない保育園が多いため、誰かが休むと代わりの保育者がいなくなってしまうからです。

 

また求人では年齢制限を出していなくても、実際のところ25歳以下の保育士を求めている園も多くなります。
それは上記のように独身者を求めているいる事もありますが、体力的な問題やイメージの問題点も関係しているようです。

 

そのため、30代以上になってから保育士の資格を取得しても正社員として働く事はかなり難しいと言えます。
ただパートや保育補助、臨時の職員としては30代以上の方でも採用されやすいといえます。
また保育園ではなく、託児所のような小規模の施設でも保育園より採用率が高くなるでしょう。
他にも保育ママなど保育士としての働き方は様々あります。

 

30代以上から保育士の資格を取得するなら、こうした年齢による就職の現状についても考えておく必要があります。

関連ページ

保育士の稼ぎは副業レベル・・・
保育士って国家資格を要する職業な割に稼ぎがかなり低いですよね。本業として生計を立てるには厳しいと感じる保育士は多いと思います。副業として考えると、保育士のパートやアルバイトなら時給1000円…
保育士として働く私の不満・辛さ
私は現在、保育士として働いています。フルタイム・正社員での勤務のため、仕事と家事の両立に大変さを感じながら、何とかやっています。保育士として働いていて、辛いなぁと感じることは、持ち帰りの仕…
保育士で求められる資質とは
保育士は生まれてから18歳の未成年を擁護しながら、大人に向けた自立の為の社会性を身に付ける教育を行う責務があります。自宅で行っている育児に関して、保育園などの施設で行う事が特徴で、大人…