保育士の給料について

保育士の給料について

保育士という仕事に興味がある方は大勢いらっしゃるかと思います。そして仕事をしたいと思った時にきになるのが、給料の話なのではないでしょうか。やりがいがある立派な仕事でも、やはり生活をする上で給料のことは避けては通れない問題になります。
保育士の給料というのは一般的にかなり安いです。東京でも手取りで15万円もいきません。せいぜい12万、13万だと思っていいでしょう。これで生活ができるのか不安だと思う方も多いのではないでしょうか。保育士の仕事は責任がありますし、体力も必要できつい仕事です。それでいて対価が低いので、よほど子供が好きであるですとか、保育士になりたいという気持ちが強くないと務まらないと言えるのではないでしょうか。
もちろん仕事は給料が全てではありません。保育士はとても重要な仕事になりますし、今は人手不足で待機児童もたくさんいます。やりがいがあり、人の役に立つ仕事であるということは間違いありません。この給料とそのやりがいや意義を天秤にかけてみて、それでもやりたいと思った方は頑張って保育士の資格を取得なさってはいかがでしょうか。
保育士という仕事に今興味があるという方々にとって、参考になってくれればと思います。

関連ページ

保育士の稼ぎは副業レベル・・・
保育士って国家資格を要する職業な割に稼ぎがかなり低いですよね。本業として生計を立てるには厳しいと感じる保育士は多いと思います。副業として考えると、保育士のパートやアルバイトなら時給1000円…
保育士として働く私の不満・辛さ
私は現在、保育士として働いています。フルタイム・正社員での勤務のため、仕事と家事の両立に大変さを感じながら、何とかやっています。保育士として働いていて、辛いなぁと感じることは、持ち帰りの仕…
保育士で求められる資質とは
保育士は生まれてから18歳の未成年を擁護しながら、大人に向けた自立の為の社会性を身に付ける教育を行う責務があります。自宅で行っている育児に関して、保育園などの施設で行う事が特徴で、大人…
30代以上で保育士資格を取得した場合の働き口
保育士は生まれてから18歳の未成年を擁護しながら、大人に向けた自立の為の社会性を身に付ける教育を行う責務があります。自宅で行っている育児に関して、保育園などの施設で行う事が特徴で、大人…
保育士は本当に体力勝負
保育士というと憧れ女性もいらっしゃるかもしれませんが、実際に働いてみるとその重労働なところに驚かれると思います。なにせ相手は元気いっぱいの子供達ですから、ただ遊ぶだけでも本当に体力が必要…