保育士は本当に体力勝負

保育士は本当に体力勝負

保育士というと憧れ女性もいらっしゃるかもしれませんが、実際に働いてみるとその重労働なところに驚かれると思います。なにせ相手は元気いっぱいの子供達ですから、ただ遊ぶだけでも本当に体力が必要になりますし、何人も子供がのっかってくるのに耐えるために力も必要になります。流石に大人になると体力的にも学生の頃のようにはいきませんし、それを毎日繰り返すというのは、体力的な負担はかなり大きいです。
子供の相手して遊んでるだけだから簡単そう、なんていう心ない言葉をもらう事もありましたが、実情は全くもってそうではないという事は皆さんに知っておいてもらいたいところです。だからといって、嫌な仕事というわけではありません。やはり子供は可愛いですし、やり甲斐のある良い仕事である事は間違いありません。しかし、間違ったイメージで何か言われるのは嫌ですし、さらに間違ったイメージを持ったまま保育士になってしまうというのも、その人のためにはなりません。
ですから保育士は体力勝負であるという事は、皆さんに知っておいて頂きたいと思っています。保育士という仕事について知りたいと思っていた方、興味が少しでもあるという方は、参考になさってください。

関連ページ

保育士の稼ぎは副業レベル・・・
保育士って国家資格を要する職業な割に稼ぎがかなり低いですよね。本業として生計を立てるには厳しいと感じる保育士は多いと思います。副業として考えると、保育士のパートやアルバイトなら時給1000円…
保育士として働く私の不満・辛さ
私は現在、保育士として働いています。フルタイム・正社員での勤務のため、仕事と家事の両立に大変さを感じながら、何とかやっています。保育士として働いていて、辛いなぁと感じることは、持ち帰りの仕…
保育士で求められる資質とは
保育士は生まれてから18歳の未成年を擁護しながら、大人に向けた自立の為の社会性を身に付ける教育を行う責務があります。自宅で行っている育児に関して、保育園などの施設で行う事が特徴で、大人…
30代以上で保育士資格を取得した場合の働き口
保育士は生まれてから18歳の未成年を擁護しながら、大人に向けた自立の為の社会性を身に付ける教育を行う責務があります。自宅で行っている育児に関して、保育園などの施設で行う事が特徴で、大人…