保育士の実態・・・

保育士という仕事に興味がある方は大勢いらっしゃるかと思います。そして仕事をしたいと思った時にきになるのが、給料の話なのではないでしょうか。やりがいがある立派な仕事でも、やはり生活をする上で給料のことは避けては通れない問題になります。
保育士の給料というのは一般的にかなり安いです。東京でも手取りで15万円もいきません。せいぜい12万、13万だと思っていいでしょう。これで生活ができるのか不安だと思う方も多いのではないでしょうか。保育士の仕事は責任がありますし、体力も必要できつい仕事です。それでいて対価が低いので、よほど子供が好きであるですとか、保育士になりたいという気持ちが強くないと務まらないと言えるのではないでしょうか。
もちろん仕事は給料が全てではありません。保育士はとても重要な仕事になりますし、今は人手不足で待機児童もたくさんいます。やりがいがあり、人の役に立つ仕事であるということは間違いありません。この給料とそのやりがいや意義を天秤にかけてみて、それでもやりたいと思った方は頑張って保育士の資格を取得なさってはいかがでしょうか。
保育士という仕事に今興味があるという方々にとって、参考になってくれればと思います。

続きを読む≫ 2016/01/18 16:34:18 mainpages

保育士というと憧れ女性もいらっしゃるかもしれませんが、実際に働いてみるとその重労働なところに驚かれると思います。なにせ相手は元気いっぱいの子供達ですから、ただ遊ぶだけでも本当に体力が必要になりますし、何人も子供がのっかってくるのに耐えるために力も必要になります。流石に大人になると体力的にも学生の頃のようにはいきませんし、それを毎日繰り返すというのは、体力的な負担はかなり大きいです。
子供の相手して遊んでるだけだから簡単そう、なんていう心ない言葉をもらう事もありましたが、実情は全くもってそうではないという事は皆さんに知っておいてもらいたいところです。だからといって、嫌な仕事というわけではありません。やはり子供は可愛いですし、やり甲斐のある良い仕事である事は間違いありません。しかし、間違ったイメージで何か言われるのは嫌ですし、さらに間違ったイメージを持ったまま保育士になってしまうというのも、その人のためにはなりません。
ですから保育士は体力勝負であるという事は、皆さんに知っておいて頂きたいと思っています。保育士という仕事について知りたいと思っていた方、興味が少しでもあるという方は、参考になさってください。

続きを読む≫ 2016/01/05 15:49:05 mainpages

子供も独立したので何か仕事をしようと思いハローワークに行ってみました。
若い頃に横浜で15年近く保育士をしておりましたが、もう無理だろうし求人もないと思っていたのですが、思いのほか保育士求人横浜にありました。
何年か前に探した時には年齢制限があったり、求人の数も少なかったのです。
フルタイムの正職員の求人もありましたが、パート保育士の求人は年齢制限が65歳までとなっており、50歳過ぎた私でも保育士に復帰出来るのかと希望が持てました。
ただしいきなり応募するのは躊躇して、ずっと保育士を続けている友人に聞いてみました。
ここ何年かは保育士不足で、保育園によっては保育士がいなくて閉園するところもあるとのこと、これは意外でした。若い保育士は辞めるのも早いとのことですが、ある程度経験のある保育士が残り、平均年齢も上がっているとのことです。
ただし、今後どんどん少子高齢化が進んでいくので、子供の数は少なくなるだろうし、このまま保育士の求人があるかは疑問とのことでした。
保育士として働くなら今が職場を選ぶチャンスかも知れないとのことです。
若い頃にいくつかの保育園を経験していますので、保育園の方針や人間関係などは園によってさまざまです。
自分に合うかどうかは、職場として選ぶ場合に大切なことで、求人欄を丁寧に読んで判断すること、地域の評判、保育士の友人がいるなら、そこに勤めていた人の話も聞いてみた方がいいでしょう。
職員の出入りが多い職場は人間関係があまり良くないかも知れません。
結局、私は友人が紹介してくれた保育園に面接に行き、パート保育士として働き始めました。
園長先生や主任を除くと50代の私が一番年上ですが、40代が半分以上で職員の平均年齢はかなり高いです。
私が20代で働いていた頃は、ほとんどが20代だったのになぁとちょっと時代を感じます。
今、大変楽しく2歳児保育をやっています。

続きを読む≫ 2015/12/13 15:39:13 GreatRiver

保育士の資格取得に年齢制限はありません。
ですがら、30代や40代になってから保育士の資格を取得する事も可能です。

 

しかし、資格を取得しても保育士としての働き口がなければ意味がありません。
保育園で働いている保育士の年齢層は、やはり20代の方が多くなっています。
その一番の理由は、独身である事が大きくなります。
保育士はとにかく自分の都合で休めない職業です。
人数に余裕のない保育園が多いため、誰かが休むと代わりの保育者がいなくなってしまうからです。

 

また求人では年齢制限を出していなくても、実際のところ25歳以下の保育士を求めている園も多くなります。
それは上記のように独身者を求めているいる事もありますが、体力的な問題やイメージの問題点も関係しているようです。

 

そのため、30代以上になってから保育士の資格を取得しても正社員として働く事はかなり難しいと言えます。
ただパートや保育補助、臨時の職員としては30代以上の方でも採用されやすいといえます。
また保育園ではなく、託児所のような小規模の施設でも保育園より採用率が高くなるでしょう。
他にも保育ママなど保育士としての働き方は様々あります。

 

30代以上から保育士の資格を取得するなら、こうした年齢による就職の現状についても考えておく必要があります。

続きを読む≫ 2015/12/05 16:25:05 mainpages

保育士は生まれてから18歳の未成年を擁護しながら、大人に向けた自立の為の社会性を身に付ける教育を行う責務があります。自宅で行っている育児に関して、保育園などの施設で行う事が特徴で、大人に必要な感情的な部分を育成する義務があります。
乳幼児は大人に比較して免疫に関する能力が低いので、感染症の病気を蔓延させないように保健の衛生に気を配る事も仕事としての責務です。幼稚園や施設などの園内を駆け巡る子供の見方に注意して、優雅に遊べるように周囲を見回しながら安全に対する気配りを徹底する事も仕事の1つです。
幼稚園や養護施設では、朝から夕方まで開業している事が基本でしたが、近年は夜勤や当直などの形態で勤務を求められる場合があります。立ちながら子供の生活を支援する事が中心の業務である事を考えて、立ち作業に耐えれる体力が求められます。
幼児や乳児の世話をする場合、保育士は親の立場に立って世話をする事が重要で、子供に寄り添いながら親の価値観として認められる業務を行う事が大切です。養護施設では子供のお世話をするだけではなくて、子供の為に健康的な料理を作ったり、買い物に行ったり、洗濯などの家事の作業を行う事で多岐に渡る仕事に耐えられる力が求められます。

続きを読む≫ 2015/12/04 16:56:04 mainpages

私は現在、保育士として働いています。
フルタイム・正社員での勤務のため、仕事と家事の両立に大変さを感じながら、何とかやっています。
保育士として働いていて、辛いなぁと感じることは、持ち帰りの仕事が多く全てサービス残業だということです。
可愛らしい子どもたちのために頑張っていますが、プライベートを犠牲にしなければならない時が多々あります。
勤務時間が終わったからといって仕事モードを切り替えることが出来る訳ではなく、常に仕事のことを考え、制作や行事の準備などをしています。
サービス残業・持ち帰りの仕事が当たり前で、ブラック企業とも言える勤務体系です。
そして勤務中は、常に子どもの安全を第一に考え、ピーンと神経を張っています。
そんな大変さの中、お給料はとても安いのも問題だと思います。
子どもの為に、お金だけではないやりがいを感じ、働くことが第一となります。
子どもはとっても可愛らしいですし、癒されますが、もう少し職業として重要視されても良いのでは、と思うのが本音です。
とは言ってもお金に換えられない感動や成長を毎日感じることが出来るので、何とか頑張れるのは子どもたちのお蔭です。
とてもやりがいのある仕事ではあります。

続きを読む≫ 2015/12/01 19:26:01 mainpages

保育士って国家資格を要する職業な割に稼ぎがかなり低いですよね。本業として生計を立てるには厳しいと感じる保育士は多いと思います。副業として考えると、保育士のパートやアルバイトなら時給1000円から2000円ほどで働けますし、仕事も見つけやすい状況なので悪くはないですね。
昔は保育士を保母さんと呼んでいましたが、最近は保育士と呼びます。しかしながら、今でもやはり女性が多い職業です。女性の保育士は将来的に結婚をする人が多いですね。結婚をすると自分の収入よりも、旦那さんの収入が家計の収入の源となりますね。このような状況で、保育士のアルバイトやパートで少しでも家計を支えるという意味では、保育士の仕事は本当に利点を感じます。
保育士の仕事だけで満足できるほど稼ぐのはハードルが高いです。保育園や幼稚園の園長さんになるなど、保育士のキャリアを伸ばさない限りはやっぱり収入は上がりません。普通に正社員として働いても、その収入は副業レベルになる事が多いです。唯一の救いとしては公務員として働ける事から、年齢を重ねて実績を積めば、着実に少しずつ年収を上げやすい事です。将来を見据えてどのように保育士として稼ぐのか、これは割と真剣に考えておくべきポイントですね。

続きを読む≫ 2015/11/28 16:53:28 mainpages